ハンドルには様々な素材が使われている?

ハンドルには様々な素材が使われている?

ステアリング修理やカスタムをお考えなら、ステアリングに使われている素材について把握しておくと便利です。

札幌市で内装修理を安く・早く済ませたいとお考えでしたら、ぜひトータルリペアつぼかわへお任せください。

車のハンドルの役割とは?

車のハンドルの役割とは?

車を操作する際に欠かせないのが、車を動かすアクセル、車を止めるためのブレーキ、そして進行方向を変えるためのハンドル(ステアリング)です。

一般的な車のハンドルは輪になっており、それを回すことでタイヤの方向を変えて進行方向を操作します。これを使わなければ車を思った方向に進ませることができないため、ハンドルは重要な役割を担っていることがわかります。

ステアリングに用いられている素材

ステアリングには、主に3つの素材が用いられています。

硬質ウレタン

硬質ウレタンは、内装の様々な箇所に用いられています。表面に細かな処理を施すことで、運転中も手が滑りにくく耐久性にも優れているのです。高級素材と比べると比較的安価な素材なので、数多くの車のステアリング素材として用いられています。

ウッド

ウッド素材は高級車に多く用いられています。重厚で高級な雰囲気があり、デザインによってはクラシカルな雰囲気が演出できるのもウッド素材の特徴です。素材の特質上滑りやすいという点もあります。

革巻き

スポーツカーなどに多い革巻きは、操作性がよく汗をかいても滑りにくい素材です。硬質ウレタンの次によく用いられていて、細かい穴が空いているものもあります。

ステアリングのメンテナンス

ステアリングのメンテナンス

運転中は常に握っているステアリングは、汗や皮脂が蓄積しやすい箇所です。

硬質ウレタンなど樹脂で作られたステアリングであれば、濡れタオルなどで拭くことにより簡単に汚れが落ちるようになっています。ウッド素材も同様で、表面に塗装が施されているので汚れが落ちやすいです。

一方で、革巻きのステアリングは革を使っていることから、縫い目やシワに汚れが入り込んでしまい汚れが落ちにくくなっています。摩耗にも弱く硬くなることでグリップ性も低下してしまうのです。革巻きのステアリングの場合は、定期的にメンテナンスを行うのはもちろん、古くなった場合は新しいものに交換するか、リペアで修繕するのがおすすめです。

札幌でステアリング修理をお考えでしたら、安く早く修復施工を行うトータルリペアつぼかわへお任せください。トータルリペアつぼかわは、通常であれば交換になってしまう劣化でも、修復して新品同様の美しさを取り戻す技術を持っています。20年以上の実績がある技術となっていますので、合皮はもちろん、本革のステアリング修理もぜひ札幌市のトータルリペアつぼかわへご相談ください。

ステアリング修理も札幌のトータルリペアつぼかわへ

名前 トータルリペア つぼかわ
代表 坪川 貴文
住所 〒064-0944 北海道札幌市中央区円山西町9丁目5-3
TEL 090-9080-6452
E-mail tstaka28@gmail.com
事業内容
  • ・自動車内装補修
  • (インテリアリペア)
  • ・ボディコーティング
  • (マニキュアコート)
  • ・ヘッドライトコーティング
  • ・メッキモールコーティング
  • ・レザーリペア
  • (革製バッグやソファ等)
営業時間
  • 平日9:00~18:00
  • 土日祝は事前予約で施工可能。
  • == 営業時間外でも ==
  • 電話に出られる場合は対応
  • 出来ますのでお電話下さい。
  • メールはすぐに返信出来ない
  • 場合があります。
URL https://totalrepair-tsubokawa.com/