車の内装を劣化させないための工夫

車の内装を劣化させないための工夫

どんなに大切に扱っていても長く乗り続けていると内装は劣化してしまいます。

こちらでは、車の内装が劣化してしまう原因と対策方法についてご紹介いたしますので、ぜひ参考にしてください。札幌にあるトータルリペアつぼかわなら、安く・早く内装修理を行います。

車の内装が劣化する原因

車の内装が劣化する原因

車は時間が経てば様々な箇所が劣化してくるものですが、内装も例外ではありません。

劣化の原因は2つあり、太陽光の紫外線によって起こるものと、使用していることで起こるものがあります。

紫外線は塗膜も劣化させる原因になりますが、内装で使われている樹脂などはその影響が出やすいです。そのため、色が褪せるのはもちろん、最悪の場合には硬化して力をかけると割れてしまうこともあります。また、座席や乗降する場所などは、人の体重がかかるため汚れが付着しやすく、着席時の摩擦でも劣化が進みます。

内装を劣化させないための対策とは?

内装の劣化の原因として最も大きいのが太陽光によるものです。これは内装に限らず塗装も同様で、露天駐車をしている車の劣化が早い理由と同じです。

太陽光による劣化を防ぐためには、ガレージなど屋根のある場所に車を保管するのがポイントとなります。また、近年では紫外線をカットするフィルムも豊富なので、窓ガラスには紫外線カット加工がされているフィルムを貼ることで太陽光による劣化をある程度抑えることができます。しかし、完全に劣化を防ぐわけではないため、保護材を使うなどして直接内装に太陽光が当たらないようにする工夫が大切です。

日頃のお手入れにも注意が必要

日頃のお手入れにも注意が必要

内装で使われている素材は樹脂が中心ですが、樹脂は柔らかくキズや汚れがつきやすい素材です。そのため、汚れを取り除く際に掃除機や雑巾などを使って掃除を行いますが、適切な道具を使わなければ微細なキズがつく原因になります。

微細なキズでも積み重なれば大きな破損の原因にもなるため、マイクロファイバークロスなどを使って丁寧にお手入れを行いましょう。

また、隅っこの汚れは綿棒や歯ブラシを使えば綺麗に取り除くことができます。もちろん、汚れは蓄積することで樹脂にダメージを与えるため、日頃からシートタイプのクリーナーで汚れを拭き取るなどのケアをすることが劣化を防ぐ上で大切です。

札幌で車の内装修理をお考えでしたら、安価に短時間で修復を行うトータルリペアつぼかわをご利用ください。トータルリペアつぼかわでは、札幌市を中心に出張で内装修理(リペア)を承っています。事前にご予約いただくことで、当日仕上げも可能です。費用が気になる方は、メールに修理箇所の写真を添付してお送りください。

車の内装修理は札幌のトータルリペアつぼかわへ

名前 トータルリペア つぼかわ
代表 坪川 貴文
住所 〒064-0944 北海道札幌市中央区円山西町9丁目5-3
TEL 090-9080-6452
E-mail tstaka28@gmail.com
事業内容
  • ・自動車内装補修
  • (インテリアリペア)
  • ・ボディコーティング
  • (マニキュアコート)
  • ・ヘッドライトコーティング
  • ・メッキモールコーティング
  • ・レザーリペア
  • (革製バッグやソファ等)
営業時間
  • 平日9:00~18:00
  • 土日祝は事前予約で施工可能。
  • == 営業時間外でも ==
  • 電話に出られる場合は対応
  • 出来ますのでお電話下さい。
  • メールはすぐに返信出来ない
  • 場合があります。
URL https://totalrepair-tsubokawa.com/