車のシート生地の違いとその魅力

車のシート生地の違いとその魅力

座り心地によって運転のしやすさが変わることから、車を購入する際シートにこだわったという方は多いでしょう。しかし、新車の時はきれいだったシートも、長期間乗っていると劣化が目立つようになってきます。劣化は見た目が悪くなるのはもちろん、座り心地にも影響するため、シートの劣化が目立つようになったらシート修理を検討しましょう。

車のシートには、本革と合皮、ファブリックがあります。こちらでは、合皮シートとファブリックシートそれぞれのメリットをご紹介いたします。札幌でシート修理が必要なら、ぜひシート修理は札幌のトータルリペアつぼかわへお任せください。

最近の車のシート生地事情

最近の車のシート生地事情

車のシート生地にはファブリックや本革、合皮、複数の素材をミックスしたシート生地があります。

車種やグレードによって使われているシート生地は異なりますが、低価格で購入できる車種やグレードの車はファブリック、高級車になると本革というイメージがあるのではないでしょうか。

しかし、近年では本革とほとんど見た目が変わらない合皮もよく使われるようになっています。どのようなシートを選んだとしても、日ごろのお手入れを疎かにするとひび割れやシミなどのトラブルが起きてしまうのです。

本革にはない合皮の魅力

本革にはない合皮の魅力

レザーのシートは外車に多いイメージがありますが、国産車でもレザーのシートが増えています。

しかし、一見本革のように見えるシートの中には、本革ではなく合皮を使っているものも少なくありません。品質が良く本革と見間違えるほどの合皮が登場するようになり、車のシートに採用されるケースが増えてきたのです。

合皮のメリットは、何といっても価格が安いということです。格安で本革のような雰囲気を楽しめるのは、合皮の大きな魅力です。また、耐久性も高くひび割れの心配が少ないこともメリットとして挙げられます。

しかし一方で、合皮は本革に比べて劣化が早い傾向にあります。早い時には3~4年でシートカバーを交換する必要があるため、交換や修理時期を見極めることが大切です。札幌市で合皮のシート修理を依頼するなら、トータルリペアつぼかわにお任せください。高い技術力と迅速な対応で、シート修理いたします。

暖かみのあるファブリックの魅力

本革があまり好きではないという方にはファブリックシートがおすすめですが、一口にファブリックと言っても様々な種類があります。特にモケットは高級車にも採用されるほどの品質の良さを誇ります。

ファブリックシートのメリットは、耐久性に優れていて劣化が少ないことや汚れの目立ちにくさ、さらには冬でも冷たくならず体が滑らないという点です。柄によっておしゃれな内装を楽しむこともできます。ただ、一度シミが付くと取り除きにくいので、汚れが気になる場合はプロへ依頼をしてください。

札幌でシート修理を依頼するならトータルリペアつぼかわへ 合皮シートのリペアもお任せ

安くて早い対応が魅力のトータルリペアつぼかわは、札幌でシート修理の出張施工を承っています。トータルリペアのリペア技術は、交換の数分の一の価格で補修するサービスです。多数の補修実績があり、どんな劣化もすぐに補修いたします。

ファブリックシート・レザーシート(合皮・本革)どちらにも対応いたしますので、札幌市でシート修理をご希望の方はお気軽にお問い合わせください。札幌市以外にも、石狩市や北広島市、当別町など、車で移動ができる地域であれば出張施工可能です。

シート修理は札幌のトータルリペアつぼかわへ

名前 トータルリペア つぼかわ
代表 坪川 貴文
住所 〒064-0944 北海道札幌市中央区円山西町9丁目5-3
TEL 090-9080-6452
E-mail tstaka28@gmail.com
事業内容
  • ・自動車内装補修
  • (インテリアリペア)
  • ・ボディコーティング
  • (マニキュアコート)
  • ・ヘッドライトコーティング
  • ・メッキモールコーティング
  • ・レザーリペア
  • (革製バッグやソファ等)
営業時間
  • 平日9:00~18:00
  • 土日祝は事前予約で施工可能。
  • == 営業時間外でも ==
  • 電話に出られる場合は対応
  • 出来ますのでお電話下さい。
  • メールはすぐに返信出来ない
  • 場合があります。
URL https://totalrepair-tsubokawa.com/